JAPAN EVERAY CO., LTD. 日本エヴァレイ株式会社 Technology Reliance Ecology 技術 信頼 環境保護
トップページ
はじめに
電子式と鉄芯式の違い
エヴァレイ蛍光灯電子安定器
電子安定器の特長
電子安定器の選び方
VF型安定器
VFM型安定器
EBL型安定器
JE型安定器
導入までの流れ
施工例
安定器・ランプセット品
エコスマートT5
サプライ品カタログ
LEDダウンライト
長寿命蛍光ランプ
照明器具
日本エヴァレイについて
会社案内
お問い合わせ
エコスマートT5シリーズ
エコスマートT5の特長
エコスマートT5
パンフレット(PDF/1.73MB)
28W2灯用仕様書(PDF/47.1KB)
電子安定器保証書(PDF/41KB)
PCB不使用保証書(PDF/65KB)
アドビ リーダー
- ランプ交換時のご注意 -
エコスマートT5には、EBL型電子安定器が使用されています。
EBL型電子安定器をご使用の場合、「ランプ交換」「電源OFF=スイッチを切って」から行ってください。
スイッチを入れたままランプ交換を行いますと、安定器内臓の保護回路が作動し、交換後にランプが点灯しません。
スイッチを入れたままランプ交換を行ってしまい、「交換したランプが点灯しない場合」には、「スイッチを10秒間以上切って」から、「再度スイッチを入れて」ください。
既存照明器具(40W2灯、HF32W2灯)に取り付け可能
エコスマートT5は、既存の40W2灯、HF32W2灯の器具をそのまま使用でき、取り付け可能です。
従って、器具全体を交換する場合よりも低コストで、廃棄物を削減でき、省エネと環境への配慮を同時に達成できます。
また、エコスマートT5ランプ(28W)は、40WランプやHF32Wランプよりも細く、短いため、予備ランプの保管場所も省スペースで済みます。
廃棄の際も、廃棄物が少ない量で済むので、環境にやさしい製品です。
なお、エコスマートT5ランプ(28W)は、40WランプやHF32Wランプよりも短いため、T5ランプの両端に長さ調整用のアタッチメント(付属品)を接続して使用します。
左:エコスマートT5ランプ、45W点灯(2灯)。右:従来品FLR40Wランプ、90W点灯(2灯)。
※上記写真は、クリックすると別ウィンドウで大きく表示されます。
※左:エコスマートT5ランプ、45W点灯(2灯)。
※右:従来品FLR40Wランプ、90W点灯(2灯)。
上:従来品FLR40Wランプ。下:エコスマートT5ランプ(28W)(アタッチメント取り付け時)。
※上:従来品FLR40Wランプ。
※下:エコスマートT5ランプ(28W)(アタッチメント取り付け時)。
左:エコスマートT5ランプ(28W)の端部。中央:長さ調整用アタッチメント(付属品)。
※左:エコスマートT5ランプ(28W)の端部。
※中央:長さ調整用アタッチメント(付属品)。
低消費電力45W(2灯)
消費電力比較
エコスマートT5は、40W2灯用器具に採用した場合、平均照度は従来とほぼ同じで、消費電力は45Wまで削減でき、従来型蛍光灯と比較して約50%の省エネ、蛍光管型LEDランプと同等です。
エコスマートT5事務所設置例。
ランプ寿命を飛躍的に延ばすEBL安定器採用
ランプ寿命比較
蛍光ランプの劣化は、ほとんどがスイッチの入り切りが原因です。
通常は、1万回程度の入り切りで蛍光ランプの寿命となります。
これに対して、エコスマートT5に採用したEBL型電子安定器は、20万回入り切りしてもランプフィラメント付近の黒化が少なく、ランプ切れを起こしません(25秒ON・35秒OFFのテスト結果)。
従って、エコスマートT5を適正にご使用していただいている場合、T5ランプについて「3年保証」いたします。
※EBL型電子安定器の特長については、EBL型安定器のページをご覧ください。
上:エコスマートT5専用EBL電子安定器。下左:電源側接続端子。下中央:エコスマートT5ランプ側接続端子。下右:エコスマートT5ランプ側接続端子への配線接続例。
※上:エコスマートT5専用EBL電子安定器。
※下左:電源側接続端子。
※下中央:エコスマートT5ランプ側接続端子。
※下右:エコスマートT5ランプ側接続端子への配線接続例。
高周波専用高効率ランプ
一般的な蛍光ランプは1W当たり80Lm前後ですが、T5ランプは1W当たり100Lm以上の高効率ランプです。
このため、各種制度の対象品、推奨品となる可能性が広がるランプです。
エコスマートT5ランプ
※エコスマートT5ランプは、25℃の時に最も明るくなるように設計されています。特に、環境温度が低めの時、点灯直後に菅央部暗くなったり、全体にスネーキングが発生する事がありますが、ランプ温度上昇により、正常な明るさになります。
EBL安定器の光束維持率97%以上
光束維持率比較
一般的な蛍光ランプは、新品時には3,000Lmですが、ランプ寿命直前には2,100Lmにまで減退してしまいます。
これに対して、エコスマートT5は、20万回のスイッチの入り切り後、ランプ寿命末期でも光減退率は3%以内です。
信頼性ならLED、冷陰極管よりも蛍光灯
蛍光管型LEDは、「高価である」、「素子の色温度が安定しない」、「非常灯に採用できない」などの改良点があります。
また、冷陰極管(CCFL)は、PCモニタのバックライトなどで実績があり、長寿命が特長ですが、熱の克服と、1W当たりの明るさ等、今後の改良が期待される商品です。
信頼性なら、LED、冷陰極管(CCFL)よりも、やっぱり蛍光灯です!
エコスマートT5と他の器具との試算表
※上記表は、クリックすると別ウィンドウで大きく表示されます。
エヴァレイ電子安定器共通の特長
省エネルギー 照明の質の向上 並列点灯式
保護回路内蔵(USパテント) 高調波対応 電磁ノイズ対応
安全性 耐久性
お問い合わせはこちら
▲UP

著作権 © 蛍光灯 電子安定器の製造・販売 日本エヴァレイ株式会社
蛍光灯 電子安定器でESCO(エスコ)事業・省エネルギーシステム推進を応援します。